どのようなジャンル、場面においても、トロフィーを受け取る事が出来る様なシチュエーションはとても素晴らしいものです。それによって大きな勇気を得る事が出来るし、場合によってはこれからさらに自分自身を高めて行く事にも繋がるからです。表彰台に上がると言う事だけでも素晴らしい事ですが、そこでさらに頂点である一位の台でトロフィーを受け取る事になれば、それは二度と忘れる事の出来ない、貴重な経験となるでしょう。これからの時代では、嫌なニュースなど吹っ飛ばしてしまう様な、そういった明るいニュースが必要です。暗い気分だったとしても、表彰台の上で、自分のやって来た事が正しかった事を笑顔とともに証明してくれる選手を見ていると、どんな人でも大きく勇気づけられる事でしょう。自分の目指した物に到達したという事実、そしてそこに至るまでに凄まじい努力をしたという事、それら全てを参考にして、一般視聴者も感動をしてもらいたいところです。そういう物から如何に、素直に勇気を分けてもらう事が出来るかでも、プライベートが充実するかどうかが決まって来るでしょう。表彰台の上で輝いている選手のような存在になれる様、全ての人は頑張らなくてはなりません。

表彰台で受け取れるトロフィーを大切にしましょう

文科系だろうがスポーツだろうが、表彰台で表彰され、そこでトロフィーを受け取ると言う事には、大変な価値があると言えます。もちろん、それそのものの物的価値もありますが、それ以上にそこまで頑張る事が出来たという過程にこそ、大きな価値があるのです。トロフィーは、それを見る事でその大切さを何時でも思い出す事が出来る優れものなので、もしもそれを受け取る事が出来る機会を得られたとしたら、出来る事であればそれはいつまでも大切に取っておきましょう。そして、可能な限り自分の目の届く範囲においておく事が重要となります。そうする事で何時でもその時の情熱を思い出す事が出来るし、落ち込んだ時などにも大きな励みになるのです。人生には目に見えなくとも、自分にだけ用意する事が出来る表彰台があります。それはどんな人にも見てもらえないかもしれませんが、それでも何か自分で決めた事を最後まで行い、達成する事が出来た時には必ずやそこに登る事が出来るでしょう。さらにそこで、目に見えない、自分だけのトロフィーを手にする事も可能なのです。表彰台は何時でも用意する事が出来ます。長い人生の中では、自分で決めた一つの事に挑戦し続ける事が重要になって来るのです。