喪中はがきについて知らない方へ是非知っておいてもらいたいと思います。これは、近親者の方が亡くなった年に年賀の挨拶をする代わりに送るはがきのことです。通常は、文字だけのものを送りますが、最近ではハスの花など少し挿し絵の入ったものが多いかと思います。送る時期は10月から12月初めころが挨拶としてはがきを送る時期になるかと思います。年始の挨拶である年賀状の準備までに送るものと覚えておくことが良いかと思います。送る人は普段から年賀状のやりとりをしていた方、それから亡くなられた方が生前に親しくしていた方、それからお世話になっていた方などに送るものです。また、使うはがきについては市販でも喪中はがきを販売していますし、年賀状をつくるソフトなどにこのはがきのテンプレートなどもあるのでそれらを参考に自分で作ることもできます。

喪中はがきが届いて知ったこと

10月に入るころには年賀はがきの受付のお知らせが届き始めます。もう年末の話なんて早いな。と思うけれど、この時期から年明けまではビックリするほど早い気がします。早ければ11月の始めには喪中はがきが届き始め、そのはがきで悲報を知らされることも多いです。最近では年賀状だけのやり取りになった友人の最愛の方が亡くなったという事も喪中はがきで知らされて、ショックを受けた年もありました。近くに住んでるけど、お互い今の生活にめいっぱいで近況報告をする暇さえなかったとはいえ、友人が辛い思いをしていることを知らなかったのは申し訳なく思って、はがきを受け取ってからすぐにメールをしました。彼女に「なかなか言い出せなくてこんな形で報告してしまってごめん。」と謝られましたが、痛いほど気持ちが分かり、その喪中はがきは大切に保管しています。

喪中はがき到着後のお悔やみを伝える方法

年賀状の準備をそろそろ行わなければ、そんな事を考える時期になってきましたが、こんな時期に届くのが喪中はがきです。家族葬が増えてきている昨今、疎遠になってしまっている友人、知人の身内の方の訃報をはがきが来て気づくことも増えてきました。喪中はがきが到着したら年賀状を控え、寒中見舞いをお送り、お悔やみの気持ちをお伝えする儀礼ですが、年始はやはり忙しいもので、寒中見舞いを送るのを忘れがちで、時期を逃してしまうこともしばしばあります。そこで、寒中見舞いではなく、喪中見舞いを送りお悔やみの言葉をメッセージとして送る方法があるそうです。お線香とお悔やみのカードがセットになっている物もあり、正規料金の切手を貼れば、郵送で送ることもできるそうです。喪中見舞いは季節にかかわらず送ることができるそうなので、喪中はがきが到着したら喪中見舞いを送るという事もよいのではないでしょうか。

お客様のお好みの年賀状をお探しいただけます。各種注文が異なりますので、料金表をご覧ください!女性のお客様に大好評です!お子様でも使える、可愛らしいデザインの年賀状です。こだわりの筆字から、スタイリッシュな年賀状まで、バリエーション豊かなデザインをご用意しております。上司へ最適!高級和製はがきをご用意しております。毎年多くのお客様から喜びの声をいただいております。喪中はがきでお困りでしたら平安堂へご相談ください。まずはアクセス!